んにちは。

イベントが大好きな佐藤ユウキです。

縁結びの神様で有名な東京大神宮で

七夕祈願祭が開催されます

スポンサーリンク

七夕祈願祭ってどんなイベント?

2019年7月7日(日)に、東京・飯田橋にある東京大神宮で開催される
恋愛の願いがかなうと言われる年に1度のお祭り。

東京大神宮は、伊勢神宮の神々や縁結びの神様をまつっていることで有名です。

 

短冊をかこう!

2019年6月1日(土)から7月7日(日)までの期間、東京大神宮の境内で、
『織姫短冊』と『彦星短冊』そして『幸せ星短冊』の3種類の短冊が用意されています。(初穂料・それぞれ300円)

この短冊に願いごとを書いてお供え、神職と巫女さんが一枚一枚お願いごとの祈念しながら
短冊を笹竹に結び付けてくれます。

笹竹は、7月1日(月)から7月7日(日)までの間、東京大神宮の拝殿前に飾られます。

恋愛のお願いごとがある人は、この期間にぜひ短冊を書きに行きましょう!

七夕守は、七夕祈願祭に参加すると授与されます

7月7日(日)の七夕当日は、「七夕祈願祭」が開催されます。

ここでは、心願成就と除災招福の祈願が行われます。

この七夕祈願祭には、祭典初穂料として2000円以上納めると参加することができます。

また、参加者には「七夕守」と記念品をいただくことができます。

参列の予約は不要です。

受付時間は午後1時30分から午後5時30分までですが、
時間内でも申込書がなくなり次第、受付終了となります。

加を希望される場合は、ぜひ早目に会場入りするようにしましょう。

祈願祭は午後2時から約100名様ごとに数回に分けて行われます。

神社のライトアップがロマンチックすぎる

また、7月1日(月)~7月7日(日)の期間中、拝殿前の笹竹が
ライトアップされるのを楽しむことができます。

ライトアップは21時間で。

夜の幻想的な神社と、美しい笹竹がロマンチックです。

こちらにもぜひ足をはこんでいただきたいですね!

アクセス方法

電車の場合

JR、東京メトロ、都営地下鉄「飯田橋駅」徒歩5分

【会場】東京大神宮
【住所】東京都千代田区富士見2-4-1
【開催期間】 2019年7月7日(日)
【開催時間】14時~(申込用紙の配布13:30~17:30なくなり次第終了)
【初穂料】2000円以上
【公式サイト】東京大神宮 七夕祈願祭

まとめ

7月といえば七夕。

恋愛成就の神様として有名な東京大神宮で開催される
七夕祭りのご紹介でした。

恋愛のおねがいごとをしたい人は、7月7日(日)は予定を開けて
早目に東京大神宮におでかけしましょう。

短冊におねがいごとをかくのも忘れないようにしましょう!

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。

インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。

はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。